夫に執行猶予判決=難病長男の命絶った妻殺害−横浜地裁(時事通信)

 難病の長男の命を絶った苦しみから死を望んだ妻を殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた自動車運転手菅野幸信被告(66)の判決公判が5日、横浜地裁であった。川口政明裁判長は「苦悩、葛藤(かっとう)、悲しみの深さは大いに同情の余地がある」と述べ、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。
 判決によると、菅野被告は昨年10月12日、神奈川県相模原市の自宅で、自殺願望を抱いた妻初子さん=当時(65)=から依頼され、初子さんの首を包丁で切り付け、失血死させた。
 夫妻の長男=同(40)=は筋肉が萎縮(いしゅく)する難病で人工呼吸器を着けて暮らしていた。初子さんは前途を悲観し、2004年8月に人工呼吸器の酸素供給を停止して長男を殺害。懲役3年、執行猶予5年の判決を受け、執行猶予中だった。 

【関連ニュース】
ガーゼへの助成求め署名提出=皮膚の難病患者ら、厚労省に
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
来年1月14日まで意見募集=万能細胞から精子・卵子作成で
臓器つくる遺伝子全容ウェブに=成育医療センター、世界に公開
筋ジス遺伝子治療に道=iPS細胞で修復成功

中学生にわいせつDVD配布=ゲーム店の景品、経営者逮捕−熊本(時事通信)
雑記帳 駅伝全国制覇の世羅高陸上部が切手に 広島(毎日新聞)
小中学校の土曜授業、橋下知事が教委に要請(読売新聞)
協議機関設置、野党に呼び掛け=企業献金見直し−与党3幹事長が確認(時事通信)
一足お先に全面禁煙 神奈川でマック、ロイホ(産経新聞)
[PR]
by u7gjg0itoe | 2010-03-11 19:05