東海道新幹線、線路に不審者立ち入りで遅れ(産経新聞)

 2日午前9時20分ごろ、東海道新幹線三島駅(静岡県三島市一番町)の線路内に不審な人物がいるのを、近くにいたJR東海関係会社の社員が発見。社員が緊急停止ボタンを押し、東海道新幹線は上下線で運転を見合わせた。

 三島署によると、不審者は男とみられ、逃走中。同署で新幹線特例法(軌道内立ち入り)違反の疑いもあるとみて、詳しい状況を調べている。このため下り3本が最大14分遅れ、乗客約2100人に影響が出た。

【関連記事】
東北新幹線に男性飛び込み 1万2千人に影響
新幹線500系のぞみ最終運行 撮り鉄が殺到
東海道、東北から“イケメン新幹線”が相次ぎ引退
危ないからダメ!線路に“珍入者”続出で鉄道関係者困惑
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
濃霧で欠航相次ぐ=80便以上に影響−羽田空港(時事通信)
介護疲れで無理心中か=80代夫婦、遺体で発見−新潟(時事通信)
少女側が告訴取り下げ=元Jリーガー釈放−東京地検(時事通信)
イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)
[PR]
by u7gjg0itoe | 2010-03-03 23:09